Top

終わったんじゃなくて、始まったんだ。

帰宅。
床を磨いた。綺麗になった。
暗い部屋で服を脱いだ。
そのまま浴室へ入り蛇口を捻った。
いつもよりほんのちょっと熱めのお湯を体に当てた。
風呂上がり、乾燥肌にクリームを擦り込んだ。
紅茶を入れた。シュガーは1つ。ミルクが切れてた。我慢した。
無印良品のマシュマロを口に運びながらPCを起こした。
液晶画面とハロゲンヒーターの灯りが、その光が、冷たさと暖かさの真ん中にある。
右手首を眺めた。今日を思い出した。
本当に、終わったんだなっていう実感が込み上げて来る。
なんか、ちょっと、泣いちゃいそうだ。
気持ちが色を変えないうちに書いておきたいことがある。
でも、ココに書くのはよそう。今はまだ。
マシュマロを口に運ぶ。味がわからない。なんか、変な感じだ。
マグカップを唇に押し付け、紅茶を口に流し込む。やっぱり味がわからない。
柔らかな異物、熱い液体によって感じる。喉を通る瞬間にだけ、それを感じる。
それはきっと、それ以上の何かが体中を占めているからだろう。
いや、正確には心が。
溢れそうで溢れない、その何かがギリギリを保つ。
上手に伝えられないけど、言葉にするなら「嬉しい淋しい」だろう。
普段はそのどちらかを心が占領するけれど、今は違う。
「嬉しい」と「淋しい」を同時に味わっている感じ。だから、つまり、わからない。
今この瞳から涙が零れたとしたら、その涙の理由はどちらの感情からなのかわからない。
もしかすると双方による涙かもしれない。

今日は楽しかった。嬉しかった。
でも、ずっと淋しかった。
そろそろベッドに潜ろう。昨日よりほんのちょっと深めに潜ろう。
このブレスレットは着けたままで眠ろう。

e0037838_5102359.jpg

[PR]
by mitsuu00 | 2005-12-22 05:55

<< enter key      今朝の出来事。 >>

MITSUU
1984年、ダンスミュージックと出会い、ストリートダンサーとして活動。後にハウサーとして多くのイベントに出演。また大会でも輝かしい成績を残す。
97年、DJとしての活動を本格化させ、ヒップホップを軸としたジャンルレスな選曲で国内を中心に無数のイベントに参加。
現在のスタイルはハウスでありながら、物語のように進行してゆく展開、その妖艶で繊細なギグに魅了されるオーディエンスは増え続け、オファーの絶えない日々を送る実力派DJである。
05年からリミキサー,コンポーザーとしても活動を開始し「HIGH and MIGHTY COLOR/PRIDE Remix」の制作、「地球滅亡と僕」「サイゴ」と、二つの舞台音楽を担当した。07年には「JYONGRI/Possession
-MITSUU MIX-」を制作、「僕がブルーハーツとダウンタウンを好きになった理由」の舞台音楽を手掛け、DJ同様シネマティックな楽曲センスが注目されている。

現在は次なる段階へと、意欲的にオリジナルの楽曲制作を行っている。


* D&N
* wacca
* Myspace
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧