Top

<   2005年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧


ウブな俺、イブな夜、ラブな君。






e0037838_23395041.jpg






めりくりっ!(ノ>ω<ノ)
[PR]
by mitsuu00 | 2005-12-25 00:00


enter key




同じ景色にうんざりしてた。



記憶には感情の芯がある。

それを取り除くのは容易ではない。

幸せの形は色々あるから、あたいにとってそれがそうなら、取り除く必要などないと。

だからあたいは、大切に持っていようと思ってた。


でも、本当はうんざりしてた。

その記憶が今の幸せを希薄にするなら、捨てなきゃ。



同じ景色にうんざりしてた。

景色が変わらないのは、自分が立ち止まっているからなんだと気付いてる。

そろそろ動き出さなきゃな。


って、表に書くべき内容を、ココに書いてる。

そして、午前1時33分

enter keyを押した。


e0037838_1175791.jpg



皆さん、素敵なクリスマスを・・・。
[PR]
by mitsuu00 | 2005-12-24 01:33


終わったんじゃなくて、始まったんだ。

帰宅。
床を磨いた。綺麗になった。
暗い部屋で服を脱いだ。
そのまま浴室へ入り蛇口を捻った。
いつもよりほんのちょっと熱めのお湯を体に当てた。
風呂上がり、乾燥肌にクリームを擦り込んだ。
紅茶を入れた。シュガーは1つ。ミルクが切れてた。我慢した。
無印良品のマシュマロを口に運びながらPCを起こした。
液晶画面とハロゲンヒーターの灯りが、その光が、冷たさと暖かさの真ん中にある。
右手首を眺めた。今日を思い出した。
本当に、終わったんだなっていう実感が込み上げて来る。
なんか、ちょっと、泣いちゃいそうだ。
気持ちが色を変えないうちに書いておきたいことがある。
でも、ココに書くのはよそう。今はまだ。
マシュマロを口に運ぶ。味がわからない。なんか、変な感じだ。
マグカップを唇に押し付け、紅茶を口に流し込む。やっぱり味がわからない。
柔らかな異物、熱い液体によって感じる。喉を通る瞬間にだけ、それを感じる。
それはきっと、それ以上の何かが体中を占めているからだろう。
いや、正確には心が。
溢れそうで溢れない、その何かがギリギリを保つ。
上手に伝えられないけど、言葉にするなら「嬉しい淋しい」だろう。
普段はそのどちらかを心が占領するけれど、今は違う。
「嬉しい」と「淋しい」を同時に味わっている感じ。だから、つまり、わからない。
今この瞳から涙が零れたとしたら、その涙の理由はどちらの感情からなのかわからない。
もしかすると双方による涙かもしれない。

今日は楽しかった。嬉しかった。
でも、ずっと淋しかった。
そろそろベッドに潜ろう。昨日よりほんのちょっと深めに潜ろう。
このブレスレットは着けたままで眠ろう。

e0037838_5102359.jpg

[PR]
by mitsuu00 | 2005-12-22 05:55


今朝の出来事。

AM4:00

目覚めたら、隣に知らない人がいました。

その人が寝言で「ファブリーズが切れてるよ」と言いました。

本当に切れていました。


AM4:15

家を出るとタクシーが停まっていました。

赤文字をよく見ると「空車」ではなく「空腹」でした。

あたいは持っていた「鮭をくわえた熊の置物」を運転手にあげました。

運転手は嬉しそうに鮭の部分だけを食べました。

鮭を盗られた熊が助手席で泣いています。

可哀想だったので、あたいは熊にクマのぬいぐるみをプレゼントしました。

熊はクマに一目惚れをして求婚しています。

指輪が欲しいと言うクマに、あたいは銀座ジュエリーマキを紹介しました。

熊とクマは嬉しそうにタクシーを降りました。


AM4:48

海ほたるのパーキングエリアに節子がいました。

サクマ式ドロップスを売っていました。

あたいはそのサクマ式ドロップスを大人買いしました。

蓋を開け、海に向かって投げました。

月の光を受け、サクマ式ドロップスはキラキラと輝きながら飛びました。

まるで、蛍のようでした。


嘘です。

全部嘘です。

全文嘘です。

ってか、今朝見た夢の話しです。




それも嘘です。




今日も4時起きです。これは本当です。
真冬の寒さなのに、衣装が夏仕様です。これも本当です。
[PR]
by mitsuu00 | 2005-12-18 23:29


苦いコーヒー。甘いミルク。

展示会に行った。
駅前の通り、この道を歩くのは久しぶり。
数年前、毎日のように歩いた道。
そこはまだ、あの頃と同じ景色で。
記憶が、蘇る。
瞳を閉じれば瞼の裏にいつでも映せた、あれがいつもより鮮明に。
そしてモノクロはカラーに・・・

気持ちが高揚する。体温が上昇する。
感情は・・・
コーヒーとミルク。
淋しさと嬉しさをブレンドした、カフェオレのようなもの。

展示会場に付く前に飲み干したつもりだったけど、
マグの底にカフェオレ1滴残ってた。
ホッとしたような、スッキリしないような・・・
ふと気付く。
本当の世界でも、マグには1滴残ってしまう。
そいつは放っておくとマグにこびり付いて、それが液体だったなんて思えない姿に変わる。
見た目だって良いとは言えない。

だからあたいは、心のマグに残った1滴を、今のうちにキレイにしなきゃと思った。


e0037838_21361683.jpg

展示会が終わりかなり遅めの昼食。
汽車がカレーを運んできたよ。


e0037838_21361626.jpg

ちょっと疲れたかな。いっぱい歩いたし。
あたたかいお風呂に浸かって、ベッドに潜ろう。
深く、深く、マグの底まで。

今夜はいい夢見れますように・・・。
[PR]
by mitsuu00 | 2005-12-03 21:36


ロード・オブ・ザ・リンゴ


こんばんわ。
いや、おはようございます。
ええ、今夜もです。
寝れんもんは寝れんのです。

本日も展示会に音作り&打ち合わせ、見るものやるものいっぱいです。ちゅぅちゅぅ。
ちゅぅちゅぅの意味はとくにないです。そんな気分なんです。
でも寝なきゃだ。

いい夢見たい。

何も無くて真っ白なあたいだけの空間で、
可愛くて美しいあの子に座って背を預け、
心地よいハートに包まれて、何も考えずに、ただただ穏やかな時間に微笑む。
そんな、幸せな「独りぼっち」を・・・。

あ、可愛くて美しい子はVerner Pantonが作ったHeart Cone Chairのことです。
人じゃないです。ましてや女子でもないです。
女性の膝は座るより、この手で優しく鷲掴み。
ってか、あたいは女性の膝をお尻で感じるより、女性のお尻を膝で感じたいです。
そして、行き場の無い両手はお腹の前で結びます。ぎゅっ。って。
いや、これは全然厭らしい光景じゃないです。むしろ愛らしい光景です。
がしかし、できれば女性にはこちら側を向いて座って欲しいです。
今のあたいは安心をあげたいんじゃなくて、安心が欲しいのです。
いつもは見下ろしてる君の顔を、そのときあたいは見上げている。
あたいの話に頷く度に、君の髪の優しい香りが、また心地よくて。
あれ?いつのまにか君という二人称になっとる。ま、いっか。

あれ?なんの話だっけ?ま、いっか。
・・・
眠くなってきた。



おやすみ。



e0037838_5352389.jpg

(ノ#`Д´)ノ
画像デカすぎた・・・
[PR]
by mitsuu00 | 2005-12-03 06:45

    

MITSUU
1984年、ダンスミュージックと出会い、ストリートダンサーとして活動。後にハウサーとして多くのイベントに出演。また大会でも輝かしい成績を残す。
97年、DJとしての活動を本格化させ、ヒップホップを軸としたジャンルレスな選曲で国内を中心に無数のイベントに参加。
現在のスタイルはハウスでありながら、物語のように進行してゆく展開、その妖艶で繊細なギグに魅了されるオーディエンスは増え続け、オファーの絶えない日々を送る実力派DJである。
05年からリミキサー,コンポーザーとしても活動を開始し「HIGH and MIGHTY COLOR/PRIDE Remix」の制作、「地球滅亡と僕」「サイゴ」と、二つの舞台音楽を担当した。07年には「JYONGRI/Possession
-MITSUU MIX-」を制作、「僕がブルーハーツとダウンタウンを好きになった理由」の舞台音楽を手掛け、DJ同様シネマティックな楽曲センスが注目されている。

現在は次なる段階へと、意欲的にオリジナルの楽曲制作を行っている。


* D&N
* wacca
* Myspace
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧